カジノディーラーになりたい10の理由

みなさんはカジノのディーラーになることを考えたことがありますか?ディーラーとは、カジノゲームにおける進行役です。プレイヤーと話しながら一日中トランプをプレイするのが仕事なんて一見ものすごく面白そうですよね。ここではカジノのディーラーが魅力的な仕事であるという10の理由をお伝えしていきます!

 

①給料が良い
 

ディーラーは年間100000ドルも稼ぐことができます。特に大手のカジノだと時給にすると1時間あたり25ドル以上が支払われることが多いので新人のお給料としては良い方になります。

 

②トレーニング期間が短い

トレーニング期間が設けられていますが、その期間わずか2週間ほどです。一部のカジノではディーラーのポジションについて既存の従業員に社内トレーニングを提供していており、経験豊富なディーラーやディーリングスクールを卒業した人がノウハウを教えてくれます。学ぶのにかかる料金は、通常、ブラックジャックを学ぶために500ドル、クラップスやルーレットのような複雑なゲームの場合はもう少し高いようです。

 

③福利厚生
 

カジノは大企業の一部である場合が多いので、優れた福利厚生を提供しています。ボーナスや医療給付はもちろん、仕事に関連する大学の授業料の払い戻しも行っています。

 

④食事条件が良い

従業員用の食堂が完備され、カジノにもよりますが1〜2ドルで食事ができたり、なんと無料で提供されるところもあります。

 

⑤シフト制

ほとんどのカジノは24時間体制で稼働しているため、ディーラーは希望のシフトにつくことができます。

 

⑥チップがもらえる
 

ディーラーの給料はチップに大きく左右されます。サービスに懸命に取り組むほど多くを稼げるので頑張りがいがあります。

 

⑦休憩時間が確保されている

ほとんどのディーラーは1時間半働いてから30分休憩します。つまり8時間のシフトで実際に働いた合計時間は実際にはわずか6時間となります。

 

 

⑧休暇を取りやすい
 

ディーラーは毎週数時間の有給休暇を貰え、事前に自分の休日や休暇を調整できます。休暇用に使える施設もどんどん増えているので楽しみも増えますね。

 

⑨同じ志を持った同僚がいる

毎日の休憩で同じ志を抱いた仲間と触れ合うことができます。共通の話題に事欠かず、情報交換ができるので有意義です。

 

⑩支社がある

多くのカジノでは必要に応じて会社が所有する店舗間の移動があります。いろんな場所で働くことで経験を積んでいくことができるでしょう。

 

<まとめ>

もちろん仕事となれば楽しいだけではすまないかもしれません。いわゆるサービス業ですから、接客の上で悩むこともあるでしょう。しかし大金が動くことがある夢のあるカジノに身を置くということは、普通の暮らしでは味わえないようなドラマを直接目で確かめることができることでもあります。裏方の存在でありながらカジノの非日常感を演出するディーラーはある意味、主役のエンターテイナーといって良いでしょう。なお日本でカジノが合法化されるまでにカジノで働きたい場合は海外での就職を目指すことになりますから、言語の習得を忘れないようにしてくださいね。

サブコンテンツ

ブログランキング参加中

このページの先頭へ